クレジットカードの間違った使い方が赤字続きに

クレジットカードをお得に使いこなしているつもりが毎月赤字続きに・・・。という人は注意が必要です。

クレジットカード
クレジットカードは計画的に使う

カードのポイントにつられて余計な出費をする

クレジットカードが現金よりも優れているところはポイントが付くことことです。現金で支払えば何もサービスがないのに、支払額の1%などといった具合にカードで支払うだけで得をします。またカードによっては特定の日にポイントが倍増したり、割引で商品が買えたりするメリットがあります。

ただこういったお得なキャンペーンが行われている時に、「買って割引を受けないと損」と、あまり欲しくなかったものを買ったり、無理に買いだめをしたりという方も。あくまでも、そういうキャンペーンに惑わされずに買い物をするべきです。

カード自分がどれだけ使っているか把握していない

クレジットカードは実際に現金の出入りがないため、自分の支払い能力以上にカードを使い過ぎてしまうケースがあります。特にショッピングが好きな女性や初めてクレジットカードを持った社会人一年生に多く見られる傾向です。

自分の収入以上にクレジットカードで買い物をすれば、当然カードの支払日には現金が足りず金利の高いリボ払いに変更することになります。カード破産とはいかないまでも、知らず知らずのうちに毎月高い金利を払い続けることになるので注意が必要です。

クレジットカードはあくまでも短期の借金。うまく使えばこれほど便利でお得なものはありませんが、お金が振って出る打ち出の小づちかのごとく使ってしまわないようにしたいもの。お金の管理が苦手な人は、カードの引き落とし口座を分け、使った金額をその口座に移すとか、月額にカードで決済する上限を必ず守るといったルールが必要です。

お金の流れを管理することが貯蓄につながる

お金を貯める上で必要なことは、お金の流れ(収入と支出)を管理することです。自分が毎月何にどれだけ使っているかを知り、削減できるところできないところを把握することが重要です。現金だけなら、自分の持っている以上のお金が使えませんが、カードはこれを可能にしてしまいます。貯蓄の足かせにならないためにも、クレジットカードの使い方を見直してみてください。