預金口座選び

貯金をするにしても、自分の生活スタイルに合った預金口座を選ぶ必要があります。一般的な銀行口座だけにお金を預けても、利息はすずめの涙ほど。他の預け入れ口座も検討してみてください。

お金が貯まる預金口座選び

メイン口座

通常、毎月給料が振り込まれる口座は、会社から指定があり変更するのは難しいと思います。もし変更できるのであれば、なるべく大きな都市銀行をメインの口座にするのがよいでしょう。

大きな銀行は、店舗が全国にありATMも主要駅に設置されています。メイン口座は、給与振込口座なので、お金を引き出す度に手数料を払っていては、毎日の節約は水の泡になってしまいます。自分の生活圏(自宅周辺、会社周辺、良く買い物に行く場所)に店舗やATMのある銀行をメイン口座にするべきです。

ただし、都市銀行などのメガバンクの普通口座は、金利が低く貯めてお金をそのままにしておくのは損。日常使うお金はメイン口座で管理し、貯めるお金は、他の金利の高い別の口座に移すのがおすすめです。

ネット銀行

お金を管理するための一般的な金融機関でも書いたように、貯めたお金を預けるならネット銀行がおすすめです。インターネット上の銀行なので、大手都市銀行に比べて運営コストを抑えられるため、その分預け入れ金利は数倍高くなります。

ネット銀行の「ネット定期」なら、メガバンクの10倍以上もの利息が付きます。その他、他行への振込手数料が一般的な銀行に比べて安かったり、月数回無料などのサービスも充実しています。

自分のライフスタイルに合わせて、メイン口座と使い分けることで、利息や手数料分は確実に得することが可能です。

投資信託

預金口座ではありませんが、。銀行の利息では満足できないなら、投資信託にお金を預けるのも一手。投資信託は比較的低リスクで、銀行預金に限りなく近い性格といえます。

投信は、お金の運用の専門家が株式や債券などに投資し運用する金融商品なので、積立をしている感覚で、投資の基礎に触れることができます。

いずれにしても、リスクがないお金の預け入れほど、お金が増える期待はできません。そういう意味でも低リスクの投資信託は、「投資に興味はあるけど貯めたお金が減るのはイヤ」という方が投資を始めるには最適な商品です。

証券会社の口座

投資信託をスタートする場合、銀行などでも始めることはできますが、証券会社で口座を開いてスタートすることをおすすめします。投資信託にも様々な種類がありますが、証券会社なら取扱いの商品の種類が豊富です。

また、段階を追って、もう少しリスクの高い(その分リターンも大きい)金融商品を始めたい時にも、証券会社で口座があると何かと便利です。株式はもちろんFXや外貨など、取扱いは豊富で、金融に関するニュースも自然と手に入れることができます。

インターネットが得意なら、ネット専業の証券会社がおすすめ。ネット銀行と同様に、手数料などが安く、預金口座間の移動も簡単です。

もちろん口座を開いたからといって、無理に金融商品を購入しなくてもよいので、少額から始めて、様々な金融商品のリスクを知ることが大事です。お金を貯めるためには、投資は避けて通れないともいえるので、一歩踏み出す勇気が必要です。